慣れるまでは食事の際に歯茎や歯の痛みを感じる

慣れるまでは食事の際に歯茎や歯の痛みを感じる

セラミック治療を行う場合は、歯と被せ物の境目に細かな段差がないように丁寧にマージン形成を行いるし、クラウンそのものの精度も保険の歯より高いなので、こにみようかな理由で痛みがでることは少ありません。さらに、かみ合わせの歯(対合歯)とのあたりが強すぎたり、歯ぎしりをした時に一か所に強くあたり過ぎたりすると、強い痛みがでます。また、歯肉の下まで歯を削り込んで(歯肉縁下形成)セラミッククラウンを接着することの方があるのです。二次虫歯になりにくい、美しく見えますなどのメリットがある治療方法ですけど、あまりにも深すぎると歯茎に違和感が生じることがあげられます。セラミックの被せ物と歯の適合が悪い場合、歯茎が炎症を起こしましたり痛みがでたりするにはあげられます。ひどくなると、歯肉の腫れ・発赤・出血・膿が出るなどの症状がでます。噛むと「歯根膜」という歯の根とあごの骨を結びつける組織に力がかかってしまうので、歯茎の痛み・歯が浮いたような感覚・かみ合わせがずれたような感覚・歯茎の違和感・歯肉の腫れなどの症状がでる実現性があげられます。神経を抜いた歯しかし、歯の土台部分の歯茎の痛みや違和感はあります。新たな被せ物を入れるとかみ合わせが変わるため、慣れるまでは食事の際に歯茎や歯の痛みを感じることがある。

page top